高岡銅器 置物 小物

素材鋳鉄製
作者馬場忠寛
サイズ(センチ)高さ約12.5×幅約13.0×奥行約13.0
高岡銅器高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。
花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。
昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。
サイトメニューここまで

【一部予約販売】 置物 紙箱入り【高岡銅器】 照明コード付き 鋳鉄製 ■馬場忠寛作 木もれび(丸) ランタン 小物■-工芸品・民芸品 【一部予約販売】 置物 紙箱入り【高岡銅器】 照明コード付き 鋳鉄製 ■馬場忠寛作 木もれび(丸) ランタン 小物■-工芸品・民芸品

【一部予約販売】 置物 紙箱入り【高岡銅器】 照明コード付き 鋳鉄製 ■馬場忠寛作 木もれび(丸) ランタン 小物■-工芸品・民芸品 【一部予約販売】 置物 紙箱入り【高岡銅器】 照明コード付き 鋳鉄製 ■馬場忠寛作 木もれび(丸) ランタン 小物■-工芸品・民芸品

本文ここまで

仮縁・仮額【送料無料】出展用額縁 F150号・P150号・M150号キャンバス用 仮縁CD-77 オリジン アルフレーム (ブラウン/ブラック)

count
以下フッターです。
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.